家屋によっては、屋根の上に重いものを想定して建てられていなかったり、 建てられてから年数が経過していることで、太陽光発電機を乗せるのが負担になるケースもあります。
せっかく太陽光発電で経済的に節約しても、10年、20年と経過して、 屋根を修理しなくてはいけなくなったのでは、節約が無駄になります。
ライフエナジーの屋根コンサルでは、 事前に屋根を診断し、太陽光発電機を乗せるのが負担になる場合は、補強工事をご提案します。
また、太陽光発電機を乗せる場合に限らず、築年数のたった屋根を長持ちさせるために、 再塗装や、葺き替えなど、どういった対策が有効で経済的かをご提案いたします。
長い目で見ると、家の補修費を低く抑えることができるのが、屋根コンサルです。