暮らしの中でエコを実践できる太陽光発電システム。むずかしい設定や操作の必要はありません。 国の支援制度も充実しているので経済的にもメリットがあります。 ライフエナジーでは、太陽光発電を設置するための屋根の診断から設置工事、アフターメンテナンスまで すべてをお手伝いいたします。
(1)ご家庭の屋根に取り付けた太陽電池モジュールで太陽光を電気エネルギーに変換・発電
(2)接続ユニット・昇圧ユニットで電気をまとめる
(3)パワーコンディショナーで交流電気に変換
(4・5)オプションを利用すれば、ソーラー発電モニタを利用して、発電や節電の状況を見ることが可能
(6)発電した電気は、住宅用分電盤を通り、ご家庭の電気機器(7)でご使用いただけます。
余った電気
余った電気は電信柱より送電してご近所で使ってもらう形で電力会社に買い取ってもらいます。 その際送電した電気は送電した電気を測定するメーター(8)により記録され、 電力会社がその購入代金を支払ってくれます。

たりない電気
逆に太陽光発電でまかなえない場合には、 通常どおり電力会社から送電される電気を使用することができますので、 停電の心配などはありません。 電力会社から請求される電気代と、同じく電力会社より振り込まれる電気の買取額がトントンであるなら、 電気は太陽光エネルギーで賄ったことになります。
1.メンテナンスが容易
太陽光発電モジュールは機械的な動作を伴うところがない為、 故障も少なく、ほぼメンテナンスフリーでご利用頂けます。
2.電気代が安くなる
家庭が発電所になれば、足りない分だけを電力会社から買うので、 今までの電気代より飛躍的に安くなります。また電気温水器や、エコキュート、 クッキングヒーターなどの電化製品を使用することでさらにお得に!
3.永続的・膨大な太陽エネルギー
太陽の光は天候に左右される事はありますが、ほぼ永続的につかえるエネルギーです。 また日照時であれば万が一の災害時にも電気が使えます。
4.環境意識の向上
今までは、いくら節約しても電気代が0になることはありませんでしたが、 節約すれば、電気代を0にすることも可能になり、省エネ意識がますます向上します。 それどころか余った電気を販売して新たな収入源にもなります。
5.積極的な国などの支援
環境にやさしい太陽光発電は国なども積極的に支援を行い、導入しやすくなっています。 これは太陽光発電が普及段階である今だからこそ受けられる援助です。
天候に左右されるのでは?
天候条件などにより、発電量の増減はありますが、 足りない場合には通常通り電力会社より送電される電気を使用できるので停電などの心配はありません。
設置費用はどれくらいかかるの?
太陽電池を設置するときの状況により変わってきます。 新築の場合、太陽電池を設置するのに最適な屋根葺き材を使用しますが、 既築の住居に設置する場合には取付け架台や、設置費用が異なります。 詳しくはお問い合わせ下さい。
耐久年数は?
現在、太陽電池の耐用年数は、表面が強化ガラスで保護されているモジュールで20年以上とされています。